HAUS ASAKUSA by 麦の芽住宅社

まず最初に


家族の数だけ"ライフスタイル"があります。
仕事に趣味に、家族構成が違えば暮らし方や理想もそれぞれ異なります。
HAUS ASAKUSAが提供する物件は、家族の個性を何よりも大切にし オリジナリティあふれるライフデザインをこころがけています。そして一番大切なことは毎日の暮らしが楽しく豊かなものになること...
HAUS ASAKUSAは賃貸・売買の物件を探したり住宅や店舗などをリノベーションする会社ですが、ただ単に不動産を提供するだけでなく、 夢や希望や楽しさも一緒に販売できればいいなぁ、と考えています。
加えてHAUS ASAKUSAのスタッフやその仲間たちはとても個性豊かなメンバーで、不動産と建築にかける熱い情熱と夢をいつも抱いています。

夢はありますか?
それはどんな夢ですか?
言葉にするのは少し恥ずかしいかも知れないけれど、夢を雄弁に語れるあなたはとても豊かで頼りがいのある感じがします。21世紀の日本で あなたが家族と描く夢、私たちの物件作りはお客様の夢を聞くところから始まります。



私たちのルーツ

終戦後焦土と化した日本。
政府が連合国に対しポツダム宣言を受諾、以降GHQ統治のもと復興が始まって間もない昭和22年に私たちの会社は産声をあげました。 不動産業に携わる業者の数も非常に少なく宅建免許制度すらまだ未整備だった時代です。
謄写版(いわゆるガリ版)で印刷した手書きの間取図を近所に配って歩くのが唯一の広告手段。電話も満足に普及していない時代ですから 脚に物を言わせて歩く、人と人との直接コミュニケーションが情報伝達のすべてでした。
戦争で荒廃した東京の街を見て、きっといつかはここを「住めば都」と思えるような街にしたい、そう思った創業者 新坂喜義は 人々の求める住宅をひとつでも多く供給したいと考え、旧来の価値観や基準にとらわれずお客様と対話し、 こつこつと大家さんや地主さんの意見を聞いて回りました。
その人にとってふさわしい住まいとは何か、その人が求めているものは何か、寸暇を惜しんで東奔西走しました。
私たちがずっと大切にしてきたことはこれからも変わることはありません。

プライバシーポリシー ・ご利用規約&免責事項コンプライアンス

(C)2017 麦の芽住宅社